所蔵一覧

概要

日本人は日本をどうみてきたか
江戸から見る自意識の変遷
田中優子 (1952- )編
笠間書院
2015/02

利用状況

詳細

和洋区分
和書
書名 日本人は日本をどうみてきたか 江戸から見る自意識の変遷
著者名 田中優子 (1952- )編
請求記号 210.5 タ
出版者 笠間書院
出版年 2015/02
ページ 247p
サイズ 21cm
登録番号 900034504
配架場所コード
10 公開書庫
貸出区分
貸出許可
ISBN1 9784305707697
内容細目1 今「日本人が日本をどうみてきたか」を考えることの意義/田中優子
内容細目2 Ⅰ 「自国」を誰が/どの範囲で捉えるか?
内容細目3 「夷」の国の学問――漢学と国学/大木康
内容細目4 国難と日本意識【コラム】/横山泰子
内容細目5 人びとにとっての近世日本のかたち/米家志乃布
内容細目6 組み入れられる蝦夷/田中優子
内容細目1 支えにされた琉球/小林ふみ子
内容細目2 近世琉球人の他所認識/内原英聡
内容細目3 近世琉球人の他所認識/内原英聡
内容細目4 怪物ではない〈日本の私〉/横山泰子
内容細目5 Ⅱ 「和の国」イメージの普及
内容細目6 「倭国」から「和国」へ【コラム】/小口雅史
内容細目1 やわらかな好色の国・日本、という自己像/小林ふみ子
内容細目2 世阿弥能にみる日本意識――「平和」と「幽玄」――【コラム】 /竹内晶子
内容細目3 日本の春画・艶本にみる「和合」/石上阿希
内容細目4 Ⅲ 「武の国」――願望のゆくえ
内容細目5 近松の浄瑠璃に描かれた「武の国」日本/韓京子
内容細目6 曲亭馬琴の「武国」意識と日本魂/大屋多詠子
内容細目1 武者の国日本の視覚化【コラム】/小林ふみ子
内容細目2 壬辰戦争はどのように描かれたのか/金時徳
内容細目3 Ⅳ 「神の国」――近代をつくった自国認識の登場
内容細目4 浄瑠璃にみる神道思想/林久美子
内容細目5 平賀源内の自国意識/福田安典
内容細目6 上田秋成と樋口道与──大坂文人の文化相対主義──【コラム】/長島弘明
内容細目1 仙台藩の能『神皇』──塩竃の神が「異人」を追い払う/津田真弓
内容細目2 開国期における「異国と自国」の形象──神風・神国・神風楼/川添裕

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    900034504

    保管場所
    公開
    請求記号
    210.5 タ